スムーズな交渉

交通事故被害に遭ってしまった人たちは、最近の交通事故の損害賠償交渉においては、加害者側の交渉相手は加害者本人ということではなく、ほとんどのケースで保険会社の示談交渉専門の担当ということになりますので、いきなり交通事故被害に遭ってしまい、法律のプロフェッショナルと向きあい、厳しい対応をしなければならないことを迫られることになります。

保険会社という存在は、みなさんが交通事故被害に遭わなければ、被害者に優しい存在というイメージもあったのかもしれませんが、保険会社も営利企業であり、決して交通事故被害に遭った人たちに、多くのお金を支払いしたいとは思っていないのです。保険会社は、交通事故被害に遭った人たちにどうお金を少なく支払い出来るのかというノウハウばかり持っているプロフェッショナル集団と言ってもいいかもしれません。

そのような人たちと、交通事故被害に遭った法律の知識をほとんど持たない人たちが対等に向きあうことが出来るかといえば、やっぱりほとんど無理ではないでしょうか。

保険会社の担当員はスムーズな交渉とお互いに満足がいく結果を目指して示談を進めていくというかもしれません。しかし、実際に保険会社は、被害者にそのような向きあい方をしてはいません。